家づくりで譲れないこと

ササキ建築が家づくりで
譲れないこと

耐震対策について

ササキ建築は、LIXILの
「スーパーストロング構造体バリュー」
の加盟店です。

株式会社LIXILウェブサイトへ
耐震等級3、耐震補償付きのスーパーストロング構造体バリュー

安心の理由

スーパーストロング構造体バリューの安心基準とは耐震等級3の設計検査と耐震補償にあります。「耐震等級3」は国土交通省が2000年に定めた、耐震性能の最高等級です。建築基準法では、数100年に一度程度発生する大きな地震を基準とし、この地震が発生した際に倒壊しない程度のものを「等級1」としています。では耐震等級3とはどのくらいのものかというと・・

耐震等級1(数百年に一回程度の地震でも倒壊しない程度の耐震性) 耐震等級2(建築基準法の1.25倍の耐震性) 耐震等級3(建築基準法の1.5倍の耐震性、消防署や警察など防災の拠点となる建物がこの基準に相当します)

耐震等級は、国土交通省が2000年に定めた、住宅性能表示制度における耐震性能の基準です。建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震による力が定められており、この力に対して倒壊しない程度のものを「等級1」としています。

「耐震等級3」が実現出来る理由

01 壁が強い

通常の家では、2階の面積が1階の半分でも、2階の面積が1階と同じくらい広くても1階の壁の量は一緒なのが現状です。しかし、このスーパーストロング構造体バリューは、2階の形状や大きさに応じて1階に必要とされる壁量を算出し補強するので、壁が強くて地震に強い家となるのです。

建築基準法の場合 2階の形状や大きさが違っても1階の壁量は同じ

建築基準法では、2階の形状や大きさにかかわらず1階の壁の量は一定です。
※1階の広さにより必要な壁の量を算出します(見付面積で算出する場合もあります)

SSバリューの場合 2階の形状や大きさに応じて1階の壁量を算出し補強

SSバリューの家は、建物の形や大きさに応じて必要な壁の量を算出し、不足している場合は補強を行うため、地震に強い家といえます。

02 床が強い

建築基準法では床の形状や大きさが変わっても、補強方法は一定です。しかしスーパーストロング構造体バリューは、形状や大きさに応じて必要な床の量を算出し、不足している場合は補強を行います。

建築基準法の場合 吹き抜けなどで部分的に床がないと弱くなる

建築基準法では、床の形状や大きさにかかわらず補強方法は一定です。
※隅角に火打ち材(補強材)を使用します。

SSバリューの場合 吹き抜けなどで弱くなる部分を補強するので変形しにくい

SSバリューの家は、形状や大きさに応じて必要な床の量を算出し、不足している場合は補強を行うため、地震に強い家といえます。

03 基礎が強い

建築基準法では、地盤の強さに応じて基礎の形式を選択するだけで、基礎配筋等の仕様は一定です。しかしスーパーストロング構造体バリューの基礎は、建物の形状や大きさに応じて基礎を配置し、強度不足の場合は配筋の補強を行うため、地震に強い家といえます。

でもでも、地震に強い家で、壁も強くて、床も強くて、基礎も強いのは安心だけれど、プランの面で妥協が必要なんじゃ・・・と、お思いの方もご安心ください。そのようなこともないのです。耐震等級3相当のプランでも耐力壁は最小限で収めることができます。大きな吹抜けで開放感あふれるプランやオープンキッチンのある広いLDKプランなど、高い耐震性を保ちながらお好みのデザインを実現することが可能です。

そして、実際に耐震等級3の建物になっているかの検査はササキ建築ではなく第三者機関がしっかり行います。

  • 構造設計 - 株式会社LIXILの検査
  • 基礎配金検査 - 住宅疵担保責任保険法人
  • 構造体検査 - 住宅疵担保責任保険法人

そしていくつかの検査に合格すると、LIXILから耐震補償の対象住宅を表す登録証が送られます。

契約について

お客様
スーパーストロング構造体バリューの補償内容を確認し、ササキ建築とスーパーストロング構造体バリューの契約を行います。
ササキ建築
お客様にスーパーストロング構造体バリュー契約条項の説明を行い、お客様とスーパーストロング構造体バリューの契約を行います。また、株式会社LIXILとスーパーストロング構造体バリュー加盟店登録規程による契約を行います。
株式会社LIXIL
ササキ建築とスーパーストロング構造体バリュー加盟店登録規程による契約を行い、スーパーストロング構造体バリュー仕様の確認及び「耐震等級3」相当の設計検査を行います。また、登録管理会社として補償対象物件の登録管理を行います。

いつ起こるかわからない自然災害、大地震。
いざという時、大切なご家族を守ることのできるように、耐震対策はしっかりと考えております。

保証について

やっぱり大手さんの方が、保証をしっかりしてもらえるし・・
というお声をよくお聞きします。

ササキ建築は、社長自ら現場にでて、最前線で家づくりを行っており、地域に根差した工務店として、アフターフォローもしっかりと行っています。家を建てたものの責任としても末長いお付き合いを通して、お客様の生活を見守っていきたいと考えています。

ただ、それでも万が一の事があった時の為にも、
完成引渡し後の10年間保証をする
システムを導入しています。


参考)株式会社日本住宅保証検査機構

万が一の事があった際には、お客様に費用を負担して頂くことなく、修繕することを保証しております。さらに、工事中は専門の検査員の綿密な検査によって間違いない工事が行われているかのチェックも行われます。厳密な検査と10年の保証により、お客様は本当の安心を得て頂くことが出来ます。

土地について

土地探しは、不動産会社で決定!
そうお思いの方が多いと思います。そして、希望の土地がなかなか見つからなくて悩まれている方も多いのではないでしょうか?

ササキ建築でも、土地探しのご相談はお受けしています。

え!?工務店なのに??

そうなんです、工務店でも、土地探しのご相談に乗ることができるのです。ササキ建築が土地を持っているわけではありませんが地元のネットワークを駆使し、お客様と一緒になって土地をお探しいたします。

地元工務店と土地探しをするメリットは、家を実際に建てるものとしての視点を備えているということ。一見、こんな土地、家づくりに向いてなさそう、と思える土地でも実は方法が隠されていたりもするのです。解決策は必ずあるはずです。逆に、不動産会社さんがお勧めする土地でもお客様のご要望を満たす家を建てるのには向いていない土地がある可能性も考えられます。

私たちササキ建築はまずはお客様のご要望をしっかりとヒヤリングして、お客様に合った土地を探すお手伝いもさせていただきます!!

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください!0120-858-137 資料請求 メールでのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ ページの先頭へ